2018年07月23日

冥利


冥利: ある立場にいることによって受ける恩恵

研修講師という仕事は、体力的にも精神的にも、もちろん、知識面や技術面でも、時にタフなことがあります。

ほぼ毎日研修の現場で登壇しています。

意外と心配性なことと、閉所恐怖症だから満員電車が苦手なので、ものすごーく早く現場近くに到着します。
結果、ほぼ毎日、5時起き、6時15分には家を出ます。

夜は夜でなんだかんだと遅くまで起きているので、結局本格的に寝るのは日付を大きく超えてから。
途中、気を失っている時間もありますが、睡眠時間はかなり少なめ。
朝から夕方までハイヒール履いて、立ちっぱなし。

体力的に、結構、大変。

ほぼ毎日、生まれて初めて会う人にお会いして、1日か2日で成果を出す仕事です。
相手の貴重な時間を費やしていると思うと、気は抜けません。
責任重大。

そんなことあり得ないと思いながらも、主催者の「研修で何かが変わるのでは」「研修やれば成果があがるだろう」という期待感をひしひしと感じる仕事です。

精神的にも、結構、大変。

研修の受講者は、皆さん、それぞれの分野でプロフェッショナル。
悩みや課題も様々で、知りたいことや持って帰りたいことも多種多様。
もちろん、正解を全部知っていることが講師の条件ではないことは重々承知ですが、それでも、期待に応えたいと一生懸命考えます。

知識面や技術面でも、結構、プレッシャー大。

それでも、あー、やってて良かったって感じる瞬間がたくさんあります。

●研修のプログラムが進むにつれて、受講者の姿勢が前のめりになってきた瞬間。
●研修の終わりに、受講者から、「元気が出た」「すっきりした」「早く職場に戻って実践してみたい」なんていう感想を言われた瞬間。
●何年も経ってから、「以前の会社で大串さんの研修受けて、いつかこの会社でも導入したいと思っていた」と連絡を受けた瞬間。

講師冥利に尽きる、ってこのことです。

研修講師は、エネルギーを提供しているようでて、実は、受講者の方々から多大なエネルギーを頂いている。

これ、講師という仕事の、冥利、です。

さ!今日は午後から、マネジメント向けの研修。
がんばろーっと。


posted by Ayumi at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする