2018年08月27日

過ぎたるは猶及ばざるがことし


何ごともやりすぎはよろしくない、と思っています。

難しいのは、その、微妙なさじ加減。

一手間やひと言が嬉しいこともたくさんあります。

あぁ、そこまで考えてくれたんだとか、わあ、そんなにまでしてくてれとか、思いがけない、プラスアルファが提供される。
こちらに対する配慮を感じる場面は、心から感謝。

一方で、いらないなぁ、それ、と残念に感じることもしばしば。

デパートで買い物して、確かに小雨模様ではあったけれど、自動的に必ずかけられてくるビニールのカバー。
地下鉄で帰るし、あまり濡れるところもないけどなぁ、と思う。

ちょっとした贈り物の菓子折り買うと、必ず、もう1枚手提げ袋が入れられていて、「お渡し用の袋入れておきました」って、にっこり微笑まれる。
このまま客先に行くので、もう1枚の袋、どこで捨てようかしら、と悩む。

駅のエスカレーター。どんなに混んでいる時も、かたくなに、右端は「お急ぎで歩いて乗りたい人用に」という位置づけて空けて乗る。結局、左側の列の踊り場には渋滞ができ、右側はガラガラ。もともとは、真ん中陣取らずに横によけようかと、自然な配慮だったのかもしれないけど。ちょっと異様な光景です。
エスカレーターは原則は止まって乗る乗り物だと聞いたこともある。少しでも右に荷物がはみ出ていると睨まれるし。なんだかなぁと、ちょっとフラストレーション。

お客さまのためにベストを尽くすことはもちろん大事だけど。自分が苦しくなってまで、無理に要望に応えていると、そのうち、相手に恨みがましい気持ちが生じる。なんでこんなに・・って。相手もやってもらうことが当たり前になって、そうでないと手を抜かれたような気になる。
好意のつもりが恩着せがましくなっては残念すぎます。

もう一手間、して差し上げたい、そう、心底そう思ったときに、
相手の意向を確認し、相手に断るチャンスも提供しながら、儀礼やルーティンではなく、パーソナルなプラスアルファのアクションを心掛けたいものです。

大事なセミナーだから・・と、イヤリングつけて、ネックレスつけて、ブローチつけて。よし、完璧!と思って鏡をのぞいたら。
ひゃあ、too much!って自分でびっくりすることも。

足りないのはいけないけど、ついつい、過ぎることもありがち。
気を付けよう。


posted by Ayumi at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする