2018年10月29日

条件提示


誰かからの依頼を断らなければならないとき。
満額回答できないとき。
残念ながら、YESとは言えないとき。

気の重い場面です。

嫌われないか。
この後の仕事がやりにくくならないか。
次は自分が断られるんじゃないか。

気が重い理由は、たいてい、自分目線。

NOを推奨するわけでは、決して、ありません。
それでも、仕事をしていれば、どうにも相手のリクエストに100%応えられない場面はしばしばあります。

できることなら、YESと言いたいけれど、それでもどうにも無理となったら。

自分目線の遠慮のブレーキではなく、どうしたら目の前の相手のダメージが少しでも小さくなるかの、相手目線の配慮で対応したいです。

取りえるアクションはいくつかあると思いますが、まずは、条件提示。

100%のYES回答ができないとしても、

70%なら引き受けられる、
来週でもよければ手伝える、
費用をもってくれるなら、人は出せる、などなど。

何かしらの条件付きでもよければぜひ対応したい、という意思を伝えたい。

大切なのは、このとき、出し惜しんだり、ふっかけたりしないこと。

がんばれば80%できるけど、最初からベストオファーでは後々苦しくなるから60%あたりから切り出そうか。
5人は無理でも少し無理すれば3人の応援を出せるけど、相手に粘られたら困るから1人からスタートしようか。

交渉ごとに多少の駆け引きは必要だとは思います。
それでも、あまりに出し惜しんだりふっかけたりして、よい結果になることって少ない。
まだいけるか、もう少し何とかなるんじゃないか、と疑心暗鬼になったり、お互いにとって不毛な時間が流れます。

条件提示はなるべく早く、出し惜しまずに。
そして、できることなら2つ提示する。
相手にもこちらの本気度が伝わる。

どうしても難しい場合にきちんとNOと言えるためには、できることには日ごろからYESと言っているという前提付きですね。






posted by Ayumi at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

100本ノック



コミュニケーション力アップのために、100本ノックは効果的。

ほめ言葉100本ノック

なんでもかんでも、「かわいい」「さすが」では相手の心にささりません。
ほめ言葉は個別具体的でないと。

もちろん、その人に本気で興味、関心がないと、その人のその場にふさわしくほめることはできません。

言葉だけの問題ではないけれど。

それでも、せっかく、ほめたい場所が見つかっても、言葉の辞書が薄すぎては気持ちがつたわりません。

あいづち100本ノック

会話が成り立たない大きな原因は、あいづちの言葉のもの足りなさ。
なんでもかんでも、「そうですねー」「なるほど」で受けていては、相手に対する興味が伝わりません。

コミュニケーションは反射神経だけど、日ごろ棚卸しができていない単語が、ピンチなときに急に天から降りてきてくれることはないのです。

100挙げておいたって、使えるのはせいぜい20〜30。
10しか挙がっていなかったら・・・。さみしい会話になること必至。

モノを頼むフレームワークの練習100本ノック
お客さまのための商品提案フレームワーク練習100本ノック
相手の懸念を軽減するネガポジ対応100本ノック

やっぱり、体験量や場数を増やすって大切。

意識して練習を重ねて、体にしみついて意識しなくても言葉がでてくるまで練習を重ねる。
練習はうそをつかない、は、スポーツだけの話ではないですね。

ときどき面食らうのは。
最近の若い人には、100本ノックっていう言葉さえが通じないってこと。
そこからかー。





posted by Ayumi at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする