2019年08月31日

自然


アサーティブ・コミュニケーションの特徴:

・自然
・落ち着いた
・自信がある

「あなたらしく」あることがアサーティブの基本ですから、自然にふるまえるということが大切。

それでも、仕事におけるコミュニケーションということで考えれば、自然であることと、準備なしのでたとこ勝負の姿とは違います。

寝起きのすっぴん状態で「これが自然な私です」と出てこられても、むしろ、相手には不自然に映るかも。

できる限りの準備をしたという自信があるから、素直に表現できる。
言い間違えたら言い直せばいいだけだし、飛ばしたら戻ればいいだけだと思える。

これが、準備なしだったり、「ま、いいか」と手抜き状態で臨むと、ほんの少しのつまづきに慌ててしまいます。
慌てて取り繕うとして、さらに不自然さを増してします。

準備は、何時間したから十分というものではありません。

与えられた条件のもと、「やり残した」というような後悔を感じない準備ができていれば、それでよしだと思います。

「あー、やっぱり、もう一度確認しておけばよかった」などと思わないから、あるがままに、落ち着いて、素直にふるまえる。

無理はしないけど、手抜きもしない。

そんな「自然」な姿を目指したいし、「自信」を持ってものごとに向き合いたい。

posted by Ayumi at 20:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

変える


変える:
物事を以前と違った状態、内容にすること。

変えるって、勇気がいります。

1度決まったことを変えるって、なかなか難しい。

長年続けてきたことを変えるって、きっかけが必要。

慣れ親しんだことを変えるって、ちょっと怖い。

それでも、時には、意識的に、何かを変えてみるって、必要なことですね。

髪型、メイク、着る服や靴のテイスト、デザイン。
どれも、変えるのって難しい。
よっぽど、変なことになっていて周りから言われるほどでない限りは。

それでも、徐々に生じている本体の経年変化をそのままに、外側だけ変えないでいたら大変。
本体の変化、劣化が際立ってしまいます。

仕事の内容、スタイル、時間の使い方、協働する相手。
いずれも、変えるには不安が伴う。
特に、目に見える大きな問題が生じていないときは。

それでも、世の中の方向性やクライアントのニーズが変わっているのに、ずっと同じことの繰り返しだったらまずい。
選ばれなくなる。

私はどちらかと言えば、むやみにものごと変えないタイプ。

美容院にしても、協働相手にしても。その他もろもろ。
ながーいお付き合いになることが多い。

それでも、改めて、今までを振り返ってみると。

なんとなく、「この関係どうなんだろう」って思い始めた時には、先方主導のちょっとしたアクシデントがあって、変えるきっかけが目の前にやってくる。

こちらが無理に仕掛けなくても、うまーく変える機会をもらってきました。

いま、変えたいなって思うことがいくつか重なっています。

今度は、ちょっと自ら仕掛けて、能動的に変えてみようかな。
悠長なこと言っている時間もないし。








posted by Ayumi at 13:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする