2018年04月15日

慇懃無礼


3月末から新卒新入社員向け研修が続いています。

「社会人」「組織の一員」「会社の代表」。
4月1日付けで与えられた3つの肩書きにふさわしい、知識と技術と意識を学びます。

皆さんが特に苦戦する分野は、言葉づかい。
敬語は本来、小学校か中学校で学んできたはずだけれど、かなり乱れています。
苦手意識も強いので、なんだか、やけに丁寧になり過ぎたり、余計な言葉を足し過ぎたり。

尊敬語と謙譲語と丁寧語。
その使い分けも混乱。
身内のことを尊敬語で話したり、こちらに対して謙譲語で話しかけたり。

でも、これって、新卒新入社員に限ったことでもありません。
かなりな大人も、
「現場のスタッフの方々がおっしゃるには」「課長がいらしゃるので」
なんて言ってる。
それも、相当、頻繁に。
こちらはどう応えてよいか戸惑います。

丁寧に、礼儀正しく話すことは大切ですが、それに、振り回されていてもいけません。
敬語をあやつることで精いっぱいで、心がこもっていないと感じることもよくあります。

電話応対練習のひとコマ。
私: 「グローバリンクの大串と申します」
新人:「いつも大変お世話になっております」ーいい調子!
私: 「こちらこそ大変お世話になっております。〇〇課の〇〇様いらっしゃいますか」
新人:「〇〇課の〇〇でございますね」ーその調子!
私: 「はい」
新人:「少々お待ちくださいませ」−いいぞ!
   「あ、失礼ですがどちらさまでしょうか」−あちゃー!名乗ったよね、さっき。

でも、これも、かなりな大人にもあり得る光景。
基本的な対応はできているんだけれど、マニュアルに則っているだけで、実際、中身に興味がないので聞き取れていない。
がっかりする瞬間。

新入社員の方々には、マナーは大事だけれど目的ではないこと、相手に対する敬う気持ちの表現であり、相手に興味・関心を示しているという意思表示のツールであること、しっかりお伝えしているつもりです。

大事なのは気持ち。

慇懃無礼。
丁寧で礼儀正しいけど、却って、無礼なさま。
これが一番いけないことだと思う。

自分も気を付けよう。




posted by Ayumi at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする