2018年10月21日

100本ノック



コミュニケーション力アップのために、100本ノックは効果的。

ほめ言葉100本ノック

なんでもかんでも、「かわいい」「さすが」では相手の心にささりません。
ほめ言葉は個別具体的でないと。

もちろん、その人に本気で興味、関心がないと、その人のその場にふさわしくほめることはできません。

言葉だけの問題ではないけれど。

それでも、せっかく、ほめたい場所が見つかっても、言葉の辞書が薄すぎては気持ちがつたわりません。

あいづち100本ノック

会話が成り立たない大きな原因は、あいづちの言葉のもの足りなさ。
なんでもかんでも、「そうですねー」「なるほど」で受けていては、相手に対する興味が伝わりません。

コミュニケーションは反射神経だけど、日ごろ棚卸しができていない単語が、ピンチなときに急に天から降りてきてくれることはないのです。

100挙げておいたって、使えるのはせいぜい20〜30。
10しか挙がっていなかったら・・・。さみしい会話になること必至。

モノを頼むフレームワークの練習100本ノック
お客さまのための商品提案フレームワーク練習100本ノック
相手の懸念を軽減するネガポジ対応100本ノック

やっぱり、体験量や場数を増やすって大切。

意識して練習を重ねて、体にしみついて意識しなくても言葉がでてくるまで練習を重ねる。
練習はうそをつかない、は、スポーツだけの話ではないですね。

ときどき面食らうのは。
最近の若い人には、100本ノックっていう言葉さえが通じないってこと。
そこからかー。





posted by Ayumi at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする