2019年03月27日

the right to be YOU


アサーティブのトレーニング、ワークショップを長年に渡って、多くのクライアント、さまざまな方々に提供しています。

他にもいろいろなテーマを担当するけれど、アサーティブは私にとって特別。

アサーティブ。辞書を引けば、「断定的」「主張がある」という言葉が目に飛び込みます。

そのまま日本語にすると、誤解を招きかねないので、私は日本語にするとき、2つの修飾語を頭につけます。

発展的で協調的な自己主張。

発展的。
すなわち、この場限りで終わらない。次につながる、明日も会える自己主張。

協調的。
主張したい相手に本気で興味、関心をもって観察し、その人が普段使っている言葉で話ができる。その人の興味のある角度から話が切り出せる。

明日につながる、相手が理解しやすい主張。
アサーティブは、どのような職種、立場の人にとっても、大切なスタンスだし、スキル。

アサーティブワークショップの発祥。
それは、基本的人権の考え方から始まったと言われます。

the right to be YOU

誰にも、あなたでいる、あなたらしくある権利がある、という考え方。

人は、肌が白くても黒くても黄色くても。男でも女でも。年を重ねていても若くても。したいことはしたいと言っていいし、したくないことはしたくないと言っていい。

基本的人権。

もちろん、相手にもしたいこともしたくないこともあるわけですから、言ったことを通すことが唯一の目的ではありません。

話し合った結果、相手の主張に寄り添うこともあるだろうし、新たな別の案にたどり着くこともあるかもしれない。

大事なのは「自分の主張を伝える」ことと「相手の主張を聴くこと」。

4月1日には多くの新卒新入社員が組織の仲間入りをします。

新人は素直に自分の意見を口に出してほしいし、先輩や上司は新人の意見に耳を傾け、自分たちの意見もきちんと伝えてほしい。

新人には新人の、先輩や上司には経験者だからこその、それぞれの貢献ポイントがある。

違いを掛け合わせるからこその、掛け算の成果。
新入社員受け入れは、その成果を生み出す、大切な、そして絶好のチャンスです。

昨日。今年初回の新入社員研修を担当しました。
ながーく仕事をしている私も、きらっきらの新人の方々から、多くの学びを得ました。

さ!今日は大人(?)相手のアサーティブ研修。
フレッシュな気持ちで臨もう。

posted by Ayumi at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする