2019年07月25日

付和雷同


付和:自分にしっかりとして考えがなく、軽々しく他人のことばにあわせること
雷銅:雷がなると万物がそれに応じて響くこと

付和雷同って、避けたいことの1つです。

自分にしっかりした考えがなく、むやみに他人の意見に同調すること。

ついさっきまで黙っていたのに、力のある人が何か言い始めたら、急に自分も口を開く。

確か、少し前まで右だと言っていたのに、多くの人が左だと言い始めたら、急に左だと言い出す。

何だかなぁという印象です。

人を否定する必要はないけれど、自分の意見はきちんと伝えたい。

一方で、頑なに意見を曲げないのも、残念なことの1つ。

君子は豹変するのです。

君子は過ちを改め、善に移ることが際立ってはっきりしているということ。

これは、意識したいことの1つ。
大切なのは、自らしっかり過ちに気付いて、躊躇することなく、自ら改めるっていう点でしょうか。

人から促されたからとか、仕方なく、様子を見て・・ということでは、豹変のタイミング逸します。

自分の気持ちや価値観、信条を大切にすることと、同時に、世の中の変化や進化に敏感であること。

難しいバランス。

バランスの悪い見本はたくさんあるのに、事例に学べずに、また悪い見本の1つになる。

気を付けよう。




posted by Ayumi at 08:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする