2020年08月28日

the right to be you


人は誰でも、あなたである権利があるし、あなたらしくあっていいということ。

the right to be you−基本的人権の尊重。

アサーティブコミュニケーション研修のオープニングでお話しする、アサーティブのトレーニングやワークショップが導入された、そもそもの背景です。

研修というとどうしても、スキルやフレームワークに目がいって、それを覚えることが目的になりがち。
せっかく覚えたスキルやフレームワークも、もともとの考え方や発祥、由来を理解した上で使いこなさないと、おかしなことにもなりかねません。

the right to be you−基本的人権の尊重。

人は肌が白くても、黒くても、黄色くても。
男でも、女でも。年が若くても、重ねていても。
したいことはしたいと言っていいし、したくないことはしたくないと言っていい。
この、ごく基本的な考え方が、アサーティブ・コミュニケーションのスタート。

1970年代中頃に、アメリカの多くの企業でアサーティブのトレーニングが導入されたと聞いています。

研修オープニングでの私のセリフ。

「よりよい結果を出すためにも、みんなの意見を掛け合わせたい。ところが、その時代のアメリカは、肌に色のある人や、女性や、年の若過ぎる人、重ね過ぎている人は、それまで発言のチャンスをもらってこなかったので、ビジネスシーンにおいて、さぁ意見をと促されてもなかなか言えない。そこで、発言する術を身に付けようと取り入れられたのが、企業におけるアサーティブトレーニングの始まり」

ここから、「それから何十年も経って、2020年。いまや、肌の色や性別ではないですよね」と、現在のビジネスにおけるアサーティブネスの必要性の説明に続くわけですが。

「その時代」「いまやすでに卒業」、とも言い切れない現状。

肌の色に関してだけでなく、性別に関して、年齢に関して。
残念な事例を目にすることが少なくありません。

ガラスの天井なんていう言葉は、私が新卒で会社に入った頃に聞いた言葉です。
それを2020年になっても聞かされるとは思ってもいませんでした。

Diversity & Inclusion
多様性を受け入れて、認め合い、活かしていくこと。

ここ数年、かなり多くの企業で掲げている重要課題の1つ。
掲げられているということは、まだそこに到達していないということでしょうか。

自然にそうなっている姿が目指すところですが、まずは、改めて、意識することから始めたい。






posted by Ayumi at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする