2018年01月19日

判断力と決断力


日々、判断しなければならないこと。たくさんあります。

するかしないか。
行くか行かないか。
受けるか断るか。
Aを選ぶかBを選ぶか。
賛成か反対か。

常に、判断力が試されます。
なかなか難しい。

判断とは。辞書ひっぱりました。
・物事を理解して考えを決めること。
・論理、基準などに従って判定を下すこと。

第1ステップは理解。状況、物事、事実を正しく理解できていないと、判断は下せない。
第2ステップは論理、基準。これがないと、判断できなかったり、誤ったりするんだなぁ。

論理、基準は、最終的には自分自身の価値観や信念だとは思うけれど、周りに目を向けて視野を広げることや、周りの声に耳を傾けることも大切だと、改めて思います。

そして。
判断も難しいけれど、考えを決めても、それを実際に実行に移すことが、さらに難しい。

決断力。
きっぱりと決めること。
意志をはっきりと決定すること。

ここに二の足を踏んでいる人もたくさん見ます。
タイミングが遅かったり、早すぎたりというケースも。

ここでも、やはり、最終的には「自分」だけど、周りに背中を押してもらうということも、時に大切。

大相撲。
判断力と決断力を磨いてほしいなぁと、にわかすー女としては、強く思うこの頃です。

私は、判断が適切かどうかはかなり怪しいけれど、決断力があり過ぎの傾向。
買うとか、食べるとか、行くとか・・・。

今年の目標の1つは、判断力のステップ1と2を磨くことにしてみよう。



posted by Ayumi at 08:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

bucket list


bucket list。
「一生のうちにやってみたいことリスト」。

なんだろう。

行きたいところ?
ハワイ、ニューヨーク、パリ。いつでも行きたいけど。
行ったことあるから、リスト対象ではない感じ。
万里の長城も、オーロラも、ナスカの地上絵も、青の洞窟も。
うーん、特に心が躍らない。

食べたいもの?
どこそこのお鮨、うな重、すき焼き、フレンチ、イタリアン。いつでも食べたいけど。
リスト対象かっていうとそうでもないし。

やってみたいこと?
この年齢になれば、やってみたくて、できることは結構体験済みだしなぁ。
スカイダイビングや宇宙旅行。
むりむり。怖くてできない。

あー。よくないなぁ、この状態。

10年くらい前のキャリアプラン研修中に、受講者に混ざって書いてみた目標。

・本を出版したい
・年に2回は“バケーション”と呼べるような長めの休暇を取りたい
・運転手さん付きの社有車を持ちたい

振り返ってみれば、初めの2つは実現してる。
最後の1つはまだだけど、実際、私の仕事には不要かも。

更にさかのぼれば、20年くらい前に、思っていたこと。

「いつかはバーキン」。

かなわぬ夢だと思っていたけど、いつの間にか、実現してる。

もっとさかのぼれば、30年くらい前。
古巣HPでは、「アメリカに転勤したい」って、入社早々から漠然と周りに言ってた。

無理だと思っていたけど、振り返ってみれば、実現してるなぁ。

やっぱり、漠然とでも、してみたいこと、行ってみたいところ、欲しいものなどなど、リストアップしておくっていいみたい。

年末年始にbucket listつくってみよう。

まずは、月曜日の、年内最終の研修。がんばろーっと。


posted by Ayumi at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

優先席


電車やバスに乗っていて不思議だなぁと思うこと、いくつもあります。

「優先席」問題。

バスは高齢者の乗車率が高く、どう見ても私よりだいぶ年上だろうなぁという人たちも、しばしば乗ってきます。
なぜか、彼/彼女らの多くは、近くにあって座りやすそうな優先席を避けて、座りにくそうな席へ。
「まだまだ高齢者じゃないからねー」という意思表示かしら。

後から乗ってくる、その人たちよりはだいぶ若そうな人たちは、優先席に座るわけにはいかないと思うのか、空いている席には座りません。
結果、しばらくの間、狭い車内は空席をいくつか残したまま、立っている乗客でにわかに混雑状態です。

高齢の人は優先席にすんなり座ったほうがスムーズみたい。
若い人も、自分よりも立っているのが大変そうな人が乗ってきたら即座に譲る気持ちで、空いてたら座ってしまったほうが車内がすっきりすると思う。

電車でも。
席がいくつも空いている車内。たまたまドア近くの優先席に座ろうとした人に、連れの人が「そこは優先席よ!」って。
すべての席が、立って乗ることが自分より不自由に感じる人に譲りたいし、空いていれば、どこに座ってもよいように思う。

半端に空席があってドア付近は混雑して他の人が乗りにくくなっている状態、よく見ます。
優先席ではない席に座っている人は、ここは譲らなくてよい場所と思うのか、目の前に不自由そうな人がいても譲らない光景も、よく見ます。

ルールを明文化するって、時に必要だと思うけど、それにしばられて本末転倒になってはいけないなぁ。



posted by Ayumi at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする