2018年10月21日

100本ノック



コミュニケーション力アップのために、100本ノックは効果的。

ほめ言葉100本ノック

なんでもかんでも、「かわいい」「さすが」では相手の心にささりません。
ほめ言葉は個別具体的でないと。

もちろん、その人に本気で興味、関心がないと、その人のその場にふさわしくほめることはできません。

言葉だけの問題ではないけれど。

それでも、せっかく、ほめたい場所が見つかっても、言葉の辞書が薄すぎては気持ちがつたわりません。

あいづち100本ノック

会話が成り立たない大きな原因は、あいづちの言葉のもの足りなさ。
なんでもかんでも、「そうですねー」「なるほど」で受けていては、相手に対する興味が伝わりません。

コミュニケーションは反射神経だけど、日ごろ棚卸しができていない単語が、ピンチなときに急に天から降りてきてくれることはないのです。

100挙げておいたって、使えるのはせいぜい20〜30。
10しか挙がっていなかったら・・・。さみしい会話になること必至。

モノを頼むフレームワークの練習100本ノック
お客さまのための商品提案フレームワーク練習100本ノック
相手の懸念を軽減するネガポジ対応100本ノック

やっぱり、体験量や場数を増やすって大切。

意識して練習を重ねて、体にしみついて意識しなくても言葉がでてくるまで練習を重ねる。
練習はうそをつかない、は、スポーツだけの話ではないですね。

ときどき面食らうのは。
最近の若い人には、100本ノックっていう言葉さえが通じないってこと。
そこからかー。





posted by Ayumi at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

失せもの


なんだか、最近、よくモノを見失います。
しょっちゅう探し物している。

少し前だけど、出張中のこと。

研修会場に到着して、PCセッティングしようと思ったら、WiMAXとPCをつなぐコネクターが見つからず。いつもしっかりしまっているポーチに、ない、ない、なーい。

結果的には前泊したホテルの部屋に置き忘れてきていたのが見つかって、帰りに立ち寄ってピックアップできました。

今月の初め。幼なじみたちとのテニス合宿@軽井沢。

帰りがけに寄った駅前アウトレット。広大な敷地に多数のショップ。
それぞれ興味が違うので、ばらばらになりながら、最後にはラインで連絡し合おうということで、1人でぶらぶら。
そろそろみんなと合流しようと思ったら、スマホが見つからない。バッグの中を何度もひっくり返したけど見つかりませーん。

こんな広大な敷地でみんなを探すなんて無理―。
たまたま近くにいた若いカップルに事情を話してスマホを借りて、共通の知り合い経由でメンバーのスマホに連絡。
なんとか駐車場で落ち合って、最終的にはレンタカーの椅子の上に置き忘れていたスマホを発見。あせったー。

今日のこと。失せものとは少し違う話だけど。

2日間連続の大阪での研修。洋服は2セット用意。
ラグジュアリーブランド向けの研修だし、ちゃんとコーディネートしようと、靴も2足持ち込みました。おかげでいつもより大きいスーツケース。

今日は昨日とは違う靴を履くはずだったのに。
会場について、ペタンコ靴から履き替えようと手提げから靴袋出してみたら、なんと、昨日と同じ靴!
今日履くべき靴は、わざわざスーツケースにパッキングして、ホテルのベルデスクに預けてきちゃった。

悲しすぎる。大丈夫か、私??

結果的にはたいてい失せものは出てくるし、靴が予定どおりでなくても誰も気にしていないだろうけど。

少し気を付けよう。油断は禁物。

現在進行形の話。
もう1週間も前から、家の中で見失ったカギが見つかりません。
静かに探し中。たいてい出てくるはず、だよね。




posted by Ayumi at 20:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

夢をかなえる


夢がかなうって、うれしくて、しあわせなことです。

そもそも、夢があるっていうことが、すばらしいこと。

幼い頃から夢見ていたあこがれのスターと対戦し、勝利を収めた大坂なおみさん。
すてきすぎます。どんな気持ち??他人事ながらわくわくしました。

夢。
たくさんありました。

幼い頃はもちろん、大人になってからも、「いつかは!」て、いろいろ夢を抱いていました。

学校卒業後最初に入社した会社では、「いつかはアメリカ本社で仕事したい」って。
すこーし年令重ねてからは、「いつかはバーキン!」って。
会社を立ち上げてからは、「〇〇社さんの仕事してみたい!」、「いつかは本を出したい!」って。

初めはただ漠然と、あこがれとも夢ともゴールともつかないことだったけれど。
振り返ってみたら、実現したこともたくさんあります。

夢がかなったときは、うれしかったし、興奮したなぁ。

声に出して、忘れずに繰り返していると、誰かが聴いていてくれて、いつか、実現につながります。

最近声に出していないのはどうしてだろう。
「いつかは」なんて悠長なことも言っていられない年令だと思い込んでいたような。
なんだか目の前のことに対応することで精いっぱい。

2023年には民間ロケットで初めての月旅行を予約した人のニュースも聞きました。

「あっと言う間の1年ねー」なんて言っていないで、少し先を見て、夢を語ろう。






posted by Ayumi at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする