2015年08月09日

チャレンジ


何かの拍子に言葉が使いにくくなることって、ありますね。

チャレンジ。
そのこと自体、悪いことじゃないのに。
最近の事件では、「無理強い」のような意味に使われている。
つまらない出来事で言葉の評価を下げないでほしい。

挑戦。
いくつになっても、何年の経験を重ねても、チャレンジ精神を忘れずにいたい。
挑戦し続けたい。

研修中に成長するかしないかの分かれ道も、チャレンジするかしないかと、かなり密接に連動しています。

聞いたことを、無理と思わず。
教えられたことを、恥ずかしいと思わず。
フィードバックされたことを、今さらと思わず。

やってみる。
挑戦してみると、きっと変わります。

今年の私の挑戦。
生まれて初めてのことにもいくつか。
食わず嫌いだったことにチャレンジしてみたら、思わぬ成果が上がりました。

大人がチャレンジするって、意外と難しい。
何となく、”もっともらしい理由”という言い訳を探して、チャレンジを遠ざけがち。

昨夜は錦織圭くんのCitiオープン準決勝に興奮しました。
最終セットの重要な2ポイントは、「チャレンジ」の成果。
審判の判定にチャレンジして、いずれも、圭くんのポイントに。

チャレンジって大事です。
自分にも人にも、無理強いはしてはいけないけど、「やってみたい」と思うことにはしり込みしないで、挑戦しようっと。






posted by Ayumi at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

「なるほど、なるほど」


研修中のロールプレイや、実際のビジネスにおけるミーティングや交渉中の、気になる口癖シリーズ。

「ほんとに、ほんとに」
「なるほど、なるほど」
「わかります、わかります」

なぜだか、言葉を重ねる人、少なくありません。

それも、その重ねた言葉を、さらに連続使用。

「〇〇だったんですよー」
「なるほどなるほど」
「△△っていうこともあって・・・」
「なるほどなるほど」
「□□も気になるんだけど」
「なるほどなるほど」

うーむ。本当に、なるほどって思っていますか?

「〇〇だったんですよー」
「わかりますわかります」
「△△っていうこともあって・・・」
「わかりますわかります」
「□□も気になるんだけど」
「わかりますわかります」

うーん。そんなにわかられても・・・。

気持ちに近い言葉を一度、丁寧に発したら十分です。

重ねることで強調されるかと思いきや、却って、不安になる。

自信がないと、繰り返しますね。

そうは思っていないときほど、繰り返したりしませんか。

小さい頃、「はい、はい」って返事したら、父親から、「後の返事は〇ソくらえ、って言うんだ」と叱られました。

重ねちゃいけないんだなぁって、最初に気付いた瞬間。

口癖は気が付かないから、口癖。

今日は半日コースの、プレゼンテーション、プライベートレッスンを実施しました。
3回ビデオ撮りして、受講者の方の口癖は7割減。

気付くことが、進化の第一歩。


posted by Ayumi at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

「正直」


言いにくいことや、自信のないことを伝えようとするとき。
難しい局面で、でてくる、でてくる、ありがちな口癖。

話を強調し説得力を高める効果的な言葉のはずが、使いすぎて、却って、印象を下げることってよくあります。

研修中のロールプレイでもよくある、典型的な言葉のいくつか。

「正直、〇〇なんですよね」
「正直、これがベストです」
「正直、これ以上は無理なんです」

正直に話している人は、あえて、「正直」を連呼したりしません。
何度も言いすぎると、あやしい。

「本当にすばらしい」
「本当にこれが最後です」
「本当によくやってくれた」

本当のことを言っている人が、「本当」を繰り返したりしません。
言えば言うほど、本当ではない気がしてくる。

言葉はシンプルに、
飾り立てずに、盛り過ぎずに。
すなおに、“正直”に伝えたい。

不必要な修飾語を省いてみましょう。

「〇〇なんですよね」
「これがベストです」
「これ以上は無理なんです」

すっきりしたぁ。
続けてひと言、相手に問いかけてみたらどうだろう。
「いかがですか?」

「すばらしい」
「これが最後です」
「よくやってくれた」

気持ちいい。
必要に応じて、もうひと言、パーソナルな言葉を添えたらどうだろう。
「ありがとう!」

おおげさに言ったり、思っていないことを言ったりしない。
自分の気持ちに近い言葉を、相手が受け止めやすいように、発したい。




posted by Ayumi at 00:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

「ちょっと」


ネゴシエーション研修でも、マネジメント研修でも。

言いにくいことを伝える練習をすると、ついつい余計な言葉が増えてきます。

叱る、注意する−−ネガティブな角度のフィードバックを建設的に伝えるといった部下育成の場面は、その代表例。

直せることはストレートに、直せないことには言及しない。
シンプルに、遠回りせずに、が鉄則。

簡単なことのようですが、実際にロールプレイすると、ついつい、言葉を足しすぎます。

「大したことじゃないんだけど」
「忙しかったから無理ないとは思うんだけど」
「私の注意の仕方も不十分だったかもしれないけど」

と、余計な、マイナスのエクスキューズを入れたり、助け船を出し過ぎたり。

相手からすると、
叱られてるんだか、なぐさめられているんだか。
はたまた、上司のあなたが反省しているんだか。

直せないことを指摘するのはハラスメントですが、本人がそうしようと思えば直せることを遠回りに言うのは、却っていやみにも感じます。

遠慮がちになると、意味のない口癖も増えます。
人にモノを頼む、断る、といったネゴシエーションの場面でも。

典型例は、「ちょっと」の多用。

「ちょっと気になることがあって、ちょっとあれなんだけど、もしかするとちょっと、ちょっとここのところが、・・・・・」

言葉に意味がないので、言っている本人には、たいてい、自覚がありません。

意味のない口癖を減らすためにも、間を恐れず、ゆっくり話すためにも、自分の耳で自分の言葉を聞きながら話すことをお勧めします。

当たり前のことのようですが、多くの人が、話すことで精いっぱいで、自分のはなっている言葉を聞いていない。

だから、いらない口癖を連呼したり、言葉を言い間違えていても気が付かなかったり。

すらすら話すことが目的ではありませんが、正しくメッセージを伝えるための工夫はしたいです。






posted by Ayumi at 23:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

らしく


プレゼンテーションでもネゴシエーションでも。
ビジネスコミュニケーションの研修でのキーワードは、「らしく」。

顔の見える、固有名詞が記憶に残る、プレゼンや交渉をしてほしい。

「だれだっけ?ほら、あそこの今度の担当者・・・」では、なかなか話は前に進みません。

声が大きいことだけがプレゼンの必須条件ではありませんし、論理的であることだけが交渉力の証でもありません。

とつとつだけど、着実に相手からYESをもらえている人っている。

多少、論理は崩れているんだけど、その情熱にほだされて、応援したくなっちゃう人もいる。

それそれの「らしさ」を、等身大+ちょっとアルファで表現したいです。

それでも、らしくあること、ナチュラルでいられることと、準備不足や単なる我流は違うと思います。

仕事におけるコミュニケーションですから、相手がいること。
その相手の時間を無駄にしないためにも、できる限りの準備をして臨みたい。

寝起きのすっぴん状態で、「これが私のらしさです」と言われても、相手も受け止めようがありません。

準備していれば、言い間違えたら言い直せばいいだけし、順番飛ばしたら戻ればいい。
キーワード忘れたら、「一瞬忘れました!思い出したらお伝えします」と言えばいい。

準備万端整えるけど、本番は準備どおりでなくても構わないし、むやみに、取り繕わない。

「らしい」プレゼンテーションのコツ。



posted by Ayumi at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

有言実行


研修はアクションプランで締めくくります。

研修を振り返り、気づきや学びを翌日からどう活かすかを考えます。

具体的なアクション、「早速実践すること」「早速やめること」を、個人個人でリストアップし、それらを、チーム内で共有。

ビジネスパーソンの研修は終わってからが大事。

学びを単なる知識習得で終わらせては意味がありません。
どれだけ実践的で具体的なアクションを自身の仕事現場に持って帰れるか−これが研修の成果です。

そして、掲げたアクションを実際に行動に移すために、自分以外の人に宣言することを勧めています。

不言実行は、よほど意思が強くないと難しい。

有言実行は、自分のコミットメント度合が高まります。

さらに、有言のいいところは、周りから関心もたれたり、協力が仰げることですね。

「こんなことしたい!」
「こんなことに興味があります」
「こうなりたい」

と声に出していると、周りの誰かが、「そういえば、〇〇さん、こんなことに興味ありって言ってたな」と思い出してくれて、情報が集まってきたり、チャンスが与えられます。

研修中は何となくモチベーションが上がるけれど、職場に帰るとあっと言う間に日常に引き戻されて、今までどおりになりがち。

それでは、忙しい中やりくりした時間が無駄になってしまいます。

自分以外の誰かに聞いてもらった、その人の時間をもらったという事実を、よい意味でのプレッシャーに変えて、行動につなげたい。

有言実行。
改めて、意識しよう。

月に3〜4回はブログ更新と宣言したはずだけど。
6月はこれが初回。
残り2日間。実行できるかな。




posted by Ayumi at 00:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

フィードバック


5月はフィードバックの研修が続きました。

プログラムはいろいろあるのに、研修のテーマってなぜか重なる。
不思議です。

企業にとって必要なことやタイミングって、重なるものなのですね。

フィードバックは仕事の実力の見せ所、っていつも思っています。

準備に準備を重ねた発表や報告も大切ですが、いま、その目の前で相手がしていること、言ったこと、出された書類や提案に、タイムリーに建設的なフィードバックが返せることは、とても大切。

相手に対する、関心力、観察力の高さが現れます。

目に、耳にした事実を、事実として受け止め、その事実の中からどれを拾うかの判断力も試されます。

そのフィードバックを受ける相手の次の行動に対する想像力がないと、適切なコメントができません。

せっかくのコメントも、正しく伝えないと、相手には届きません。

仕事の実力の見せ所です。

でも、フィードバックに苦手意識を持つ人は少なくありません。

特に、ネガティブな角度のフィードバック。
叱ったり、注意したり。

「どうしたら相手を傷つけずに、やんわり叱れますか?」と、ついつい、腰が引き気味。

大きな誤解を2つ払拭したい。

仕事の進化や改善のために、相手の行動を事実ベースで指摘し、変更を促すのに、相手を傷つける必要はありません。

一方で、やんわり叱ることも不可能に近い。

叱るわけだから、やんわり、遠回りに言っていては誤解を招きます。

本人が変えようと思えば変えられることのみを、遠回りせずに、ストレートに言ってみる。

思いのほか、すっきり言えるし、こちらがすっきり言えると、相手もすんなり聞けることが多いように思います。

趣味やうっぷん晴らしにフィードバックするわけではありません。

仕事の一環としてのフィードバック。
誠意をもって、しっかり伝えましょう。

フィードバックをもらうことにも前向きに。

フィードバックもらい上手を意識することは、フィードバックの実力アップの第一歩。
ついつい、忘れがち。気を付けよう。
















posted by Ayumi at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

by chance


偶然

思いがけない出会いや出来事って、ありますね。

1本電車がずれていたら会わなかったはずの人に会えたり。

あの時、反対の選択をしていたら、この結果には至らなかったということもある。

縁がある人とは、偶然が何度も重なったり。

考えてみたら、いまここでこうしていることも、いくつもの偶然が重なった結果。

一方で、それも含めて、すべて、必然とも言える。

どんなにプランを立てて、計算しても、叶わないこともあれば、偶然に、ほんとに、ごく偶然、あっさり実行できることもある。

不思議。

仕事も、人との出会いも。
1回目は偶然の産物、幸運のたまもの。

でも、2回目以降は、努力や成果の結果。
必然であり、意識的。

偶然と幸運に恵まれているなぁ、と思うことがたくさんあります。

でも、日ごろから、思ったり、願ったりしていないと、偶然のチャンスに気付かず、素通りしちゃう。

偶然の神様に見放されないように、目の前の偶然と幸運に感謝して、いざという時にしり込みしないだけの準備を整えておきたいです。

2015年。
4か月が過ぎました。
すでに、嬉しい偶然がいくつかありました。

嬉しい。
偶然を大切に!







posted by Ayumi at 01:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

節目


2015年は、私の周りでいろいろ重なります。

母が傘寿で80才。
父は長年の仕事に一区切りで、社長を若手に任せて一歩引きます。
夫は還暦!60才。
義弟が50才。
一番上の姪が成人、20才。
その下の二人の姪は、それぞれ、無事、大学入学と高校入学。

こんなにいろいろ重なるって、なかなかない。
すごいことです。

気付けば、私たちも、結婚20年。

毎日毎日のことで精いっぱい。
目の前のことに、何とか対応している日々。
同じようなことの繰り返し。

・・・と思うけど。

節目に当たって振り返ってみると。
やはり、何かしら、進歩したり、深化したり、成長したり、している。

重ねることってすごいことですね。
繰り返し行うって大したことだ。
続けるって意味がある。

年間250日以上の研修の連続記録。
昨年末で14年連続と更新しました。

そろそろ減らしたら・・って、数年前から思ったりもしたけど。
もう少し続けよう。

無理に記録を伸ばそうとも思わないし、そのための今日じゃないけど。

一日一日、与えられたチャンスに全力で応えて。
気付いたら、すてきな節目・・・。

そんなふうでありたいです。













posted by Ayumi at 10:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

すなお


4月は新卒新入社員研修をたくさん担当しました。

まっさらな新人向けの研修のプログラムは、実は、経験を積んでいる社会人にこそ必要な内容でもあります。

先週は、某社で、「プロフェッショナルとして目指す姿」をテーマに、ディスカッション。

お客さまからは信頼され、配属先の上司や先輩からは鍛えがいのある新人だと、尊重される。

そんなプロフェッショナルになるために、「目指す姿」を、プロフェッショナルの第一歩を踏み出した彼らに、考えてもらいました。

すなおであること。

という言葉が、複数のチームからあがってきました。

すなお。

とても大事。

ななめ向いたり、相手の意見を聞かなかったり、取り繕ったりは、いけません。

ただし、すなおであるということと、ただ単に「はい」と言って言われたとおりにすることは違うと思う。

それは、単なる「言いなり」。

自分の気持ちにすなおじゃないし、相手に対してすなおに発信していない。

わからないことはわからないと言い、不思議と感じたことは不思議だと意思表示することが、すなおっていうことではないでしょうか。

もちろん、相手が言っていることには理由があるだろうし、自分はおかしいと思うことでもそれをするだけの背景もあるだろうから、いったんは言われたとおり、やってみる。

それでもおかしいと思ったり、もっといい方法があると思えば、声に出してみる。

すなおであることと、他の人と異なる意見を遠慮して飲み込むことは違うと思います。

それでは、単なる「付和雷同」。

思ったことを、自分の気持ちに近い言葉で、なおかつ、相手に通じる言い方で発信する。

相手の話も、変な先入観を持たずに、すなおに聴いてみる。

すなおになれると、もろもろスムーズに進みます。

「すなお」を心掛けたい。




posted by Ayumi at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

カラー



4月は新卒新入社員研修が続きます。

「社会人」「組織人」「会社の代表」。
4月1日から新入社員のみなさんに課せられた肩書き。

研修を通じて、それにふさわしいだけの意識と知識、そして、技術を学んでいただきます。

どの業界の、どの企業の、どんな職種になっても、たいてい学ぶ、仕事の基本。

この時期を逃したら、この後、二度と、学んだり、話し合ったりすることのない、テーマ。

しっかり学んでほしい。

具体的には、敬語、挨拶、電話応対、報連相、などなど。

「敬語」は、小学校か、遅くも、中学校で学んだこと。
「挨拶」をしたことがない人はいない。
「電話」で話さない日はないほど慣れ親しんでいることの1つ。

ただし、学生時代のそれと、社会人になってからのそれは、目的が違います。

さらに、知っていることと、できることには大きな差があります。

できるまで練習。

数日後、あるいは、数週間後に、配属されるときに手ぶらで行かないように、身に付けることが、研修のゴール。

面白いのは、企業によっての違い。

同じようなゴールに向けての研修でも、企業によって、その進行方法、ペースが違います。

起立・礼、で始める企業もたくさんあるけれど、リラックスした雰囲気の中、なーんとなく始める企業も。

スーツという企業も多いけど、新入社員研修のときから早くもスマートカジュアルというところも。

フォーカスするポイントもいろいろ。

挨拶を徹底的に磨く企業、言葉遣いが重要、とにかく見た目重視・・などなど。

この段階から、企業のカラーっていうのが作られていくんだなぁ。

おもしろい。

講師の大事な仕事は、クライアントの優先順位を正しく把握すること。
来週もがんばろうっと。









posted by Ayumi at 02:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日


恥ずかしいことはしたくない、と思っています。

ただし、「恥」の定義は難しい。

恥:それによって名誉や面目が損なわれる行為、事柄
・・・って、辞書には載ってました。

知らないことは恥ずかしくないけど、知ったかぶりは恥ずかしい。

分からないことは恥ずかしくないけど、分かったつもりや、分かったふりは恥ずかしい。

できないことは恥ずかしくないけど、できてるつもりや、できるふりや、できないことを正当化する言い訳は恥ずかしい。

日々のアサーティブ(発展的で協調的な自己主張)トレーニングでは、

わからないことは、「わからない」と言う
急に振られて困ったときは、「少し待ってもらえますか」と頼んでみる
正解かどうか不安な場合は、「専門分野ではないので、正しいかどうかはわかりませんが」と前提付きで言ってみる

といった練習をしています。

正解を反射神経よく言うことがアサーティブではないし。
むしろ、自分が言っていることはすべて正解だと思っていることは、危険。

知らない、分からない、できない、を恥ずかしいと思うと、消極的、受け身的になりがち。

それは恥ではないし、いけないことではないと気付けると、肩の力抜いて言葉を声に出せます。

「人から恥かかされた」なんていうケースはほとんど恥ずかしくないこと、じゃないかしら。

一方で、自分がちょっと後ろめたいと感じる行動は、たいてい、恥なんだと思う。
失敗をとりつくろったり、つじつま合わせたり、態度を変えたり。

たまにしてる・・・。

自分に恥じるような行動や言動はつつしみたい。

新卒新入社員のフレッシュな皆さんを迎える前に、大人が襟を正しましょう。










posted by Ayumi at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日


3月生まれということもあり、春が大好きです。

桜が大好き。

飲めや歌えの花見はなかなかできませんが、「あ、ここにも桜」って言うくらい、東京中あちこちに桜の木があるので、歩きながら、タクシーの中からながめては、幸せになれる。

開花宣言が待ち遠しい。

春になると、何か始めたくなる。

去年は、1つお稽古事を始めました。
ほそぼそですが、続いています。

今年も、また、1つ始めることにしました。
春って、気持ちが前向きになります。

1年は続けようっと。

今年は、「春財布」も実行してみました。

昨年末。偶然出会ったお財布に一目ぼれ。

店員さんに「春財布って縁起がいいんですよね」って教えてもらったので、使い始めはお誕生日からって、しばらくしまっておきました。

何かの雑誌に、「お財布おろす前にたくさんの紙幣を入れておくとよい」って書いてあったので、家の中にあったお札をありったけ入れてみました。

お財布がその厚さを覚えて、使ってもお金が戻ってくるんだって。

今週から各企業での新入社員研修が始まります。

正真正銘、「始まりの春」のお手伝い。
気合入れて、臨みます。




posted by Ayumi at 20:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

肩書き


元プロ野球選手がテレビで言ってたこと。

現役バリバリのときは「〇〇さん」
引退してからは「〇〇くん」
しばらく経つと呼び捨て「〇〇」
気付けば「おい」と呼ばれることも

その人は、「現役選手にアドバイスしたい。ちやほやしてくれているのは、決して個人の力だけではないんだということ。ユニフォームが、チーム名がそうさせているんだから、勘違いしちゃいけないぞ」と言ってました。

某企業の企業再生に伴う役員改変の場に立ち会いました。

今まで「専務」だった人がそうではなくなり、今まで「平取」だった人が社長になりました。

みんなが困ったことは、「あしたから専務のことなんて呼んだらいいの?」

肩書きって、大事ではないとは言わないけど、肩書きによって態度を変えたり、右往左往してはいけませんね。

辞書によれば、肩書きとは、「その人を特徴づける社会的地位、称号など」とありました。
「前科、悪名」なんていう意味もあって、びっくり。

学校卒業して入社した会社では、その当時から、「さん付け」で互いを呼び合っていましたので、それが世の中の普通だと思っていました。

独立していろいろな会社の方々とお会いすると、「さん付け」のほうが珍しいんだと知りました。

「部長!」「課長代理」「先生」と、互いを呼び合う姿に初めは違和感を覚えましたが、それはそれで、文化でもあり、必要なことであることも学びました。

でも、これだけ、頻繁に組織が大きく変わったり、働き方が多様化してくると、一々、呼称に振り回されたり、悩んだりは面倒ですね。

個人個人、お互いに敬意をはらい、尊重しあう姿勢として、「さん付け」で呼び合うことを、改めて提唱したい。

もちろん、組織図上の下の立場の人に対しても、丁寧に「さん付け」で。

固有名詞で信頼、尊敬される人でありたいです。

ちなみに、某企業の新社長。
「私は今まで、さん付けで呼ばれました。教えを乞うた上司からも、肩書きで仕事するなと言われてきました。これからは、みんな、さん付けでいきましょう」とファーストスピーチ。

いいね!

ただし、「さん付け」と「なあなあな組織」は違います。
お互いに敬意をはらう、役職に対する責任を持つ、は、言わずもがなな大鉄則。

posted by Ayumi at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

言わない


アサーティブコミュニケーションのトレーニングを提供しています。

アサーティブ。発展的で協調的、な自己主張。

もともとは、基本的人権の考え方からトレーニングやワークショップがスタートしたといわれています。

the right to be you

人は、

肌が白くても、黒くても、黄色くても、
男でも女でも。
年が若くても、重ねていても。

誰もが、したいことはしたいと言っていいし、したくないことはしたくないと言っていい。

そんな、基本的人権。

ただし、相手にもしたいこともしたくないこともあります。

言ったことが通ることだけがゴールではない

言ってみること。そのことが大事なんだと思う。

そんな基本姿勢のもと、研修では、言いにくいことを声に出してみる練習をします。

自分をアピールしたり、反対意見を表明したり。
人にモノを頼んだり、時に、断ったり。

きちんと主張することは the right to be you なんだということがわかり、
本気のWin-Winに納得し、
ほんの少しのフレームワークを覚えれば、

自分の意見を声に出すことは、それほど難しいことではありません。

意見を言うことの、自分にとって、そして、相手にとってのメリットに気付けると、主張してみる勇気もでる。

それでも、「言わない」という選択肢があることも忘れたくない。

「なんかおかしくないか」と思っても、例えば、「今日はこっちの話を通したい」などと、他に優先順位が高いことがあれば、「おかしくないか」は飲み込んでもいい。

「いやだなぁ」と思うことがあっても、例えば、「明日、機嫌よく仕事してもらうこと」が、自分の求めることであれば、言わなくてもいいでしょ。

アサーティブを学ぶと、「言わなきゃ」と肩に力が入って、「言えなかった」と肩を落とす人がすくなくありません。

「言わない」という選択も、また、自分らしい決断。

肩の力抜いてみよう。
自分にとっての、今、大切なことに目を向けてみよう。
こちらの肩の力が抜けると、相手の肩の力も抜ける。






posted by Ayumi at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

めまい


良性発作性頭位めまい症、って診断されました。

病名って、それ自体で症状がよくわかる。

良性だから治ります
発作性だから、突然発症するっていうこと
2月10日からって、日付が特定できるくらい
頭位は頭からくるめまいっていうこと

女医さんがわかりやすく説明してくださいました。

昨日の朝。
いつものとおり、起き上がって、コップ1杯の水でサプリを飲んで。
なんとなく、くらーんくらーんとするなぁと思いつつ。

お風呂に入ってシャンプーして、ドライヤーかけようとしたけど。
ぐわーんぐわーーんって、世の中が回ってる。
めまい。

吐き気もするし。一大事ー!

朝からの研修。急きょ、応援講師を依頼し、会場までは夫の車で送ってもらい。
クライアント担当者の方には、到着したとたんに「かなり具合悪いです・・」と弱音をはき。

それでも、研修始まれば、しゃべれました。
4時以降は応援講師にバトンタッチして、耳鼻科へ。

めまいは耳鼻科だという友達のアドバイスで、会場近くの医院に駆け込み。

専門の先生は心強いですね。
いくつかのテスト、チェックをしてくださって、冒頭の診断結果。

耳石っていうのがなんかの拍子にはずれてコロコロしちゃうんだそうです。
それがめまいの原因。

「治ります」って言われて一安心。

ここのところ、体がいろいろサインを送ってきます。
サインに耳傾けているつもりだけど、ちょっとよくなると調子に乗るから。

再度の警告です。

12時前に寝るように。治療だと思って寝てください。
と言われました。

そうする・・・つもりです。

写真はお見舞いのいちご。
見事な色とつぶの大きさ!元気になります。

DSC_1598 (3) (640x360).jpgDSC_1538 (2) (640x360).jpg




posted by Ayumi at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

ダウンサイジング


1月があっという間に終わりました。

2月は会社の年度末。

歳末とはまた違った観点で、この1年を振り返ったり、次の1年を考えるタイミング。

オフィスレンタル、保険、そのほかもろもろの更新時期でもある。

私のオフィスはスモールオフィス向けテナントビルにあります。
このビル、とっても便利。
簡単に壁を取り払って、部屋をつなげてオフィスを拡大&縮小することができる。

この十数年、すこーしづつ、オフィスサイズを拡大してきました。

数年前にスタッフ数を絞ったときも、
「ま、いいか、このままで」
「狭いよりは広いほうが便利かな」
と、人数よりは少し広いスペースを、そのまま、キープ。

なんとなく、小さくすることがさみしいような気がして。

契約内容変えるのも面倒で。

そのまま放っておいた。

今回、スペースを少しダウンサイズすることにしました。

小さくするって、広げるより、却って、勇気がいることに気付いた。

でも、決めてみたら、すっきりしそうな、思いがけない嬉しい予感。

十年近く一度も開いたことのないファイル。
いつか使うかもと奥にしまいこんでいた古くなった機材。
データでも持っているのに、アナログ気質で持ち続けていた紙ベースの資料。

などなど。

廃棄できるものがずいぶんある。

レイアウト変更プロジェクトを立ち上げて、シンプルでミニマムなオフィス造りにチャレンジしてみよう。

この機会に仕事の仕方も考えてみよう。

なんだか、すぐに、あれも、これもとよくばりがちです。

ダウンサイズ、悪くないよね。

写真は、オフィスの一角。
私のお守りたち。
DSC_1588 (3) (640x360).jpg







posted by Ayumi at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

左右

今月は合わせて半月近く大阪で仕事です。
ローカルな電車にも乗り慣れ、関西弁が違和感なくなってきてます。

昨晩、久しぶりの東京駅で。
エスカレーター、どちら側に寄ったらいいのか、一瞬、迷いました。

東京は左側に立って右側を急ぐ人の為に空ける。大阪はその逆。

たまに出張で大阪行くと、御堂筋線のエスカレーターあたりでまごつきますが、昨日は地元東京で迷っちゃった。

”身に着く”っていう感覚って面白い。

今までも不思議だったけど、改めて、なぜ、東京と大阪では左右逆なの。

前職で2年弱アメリカに住んだことがあります。
通勤中は、「右側通行、右側通行」って唱えながら運転。

ところが、日本に帰ってきてしばらくは、「左、左」って唱えないと不安になってた。
ウインカー出すつもりが、ワイパーよく動かしてた。

”体が覚える”ってほんどですね。

前から疑問だったけど、なぜ、車が右側通行の国と左側通行の国があるんだろう。

エスカレーターにしても、車の通行にしても、それぞれに、何か合理的な理由があるんでしょ。
逆だとやりにくいとか、不便だとか。

でも、その逆が都合がいいという人たちもいるんだよね。

今週は、「思い込みからの脱却」をテーマにした研修が続きました。

絶対右とか、左が絶対とか、決めつけずに柔軟な姿勢でいたい。

写真は年末に行った猿田彦神社の干支の守り石。
自分の干支の文字をすりすりしてきました。
いいことあるかな。

DSC_142120282292028640x36029-thumbnail2[1].jpg







posted by Ayumi at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

やればできる


ニューヨークに行ってきました。
とっても久しぶりの、2回目のニューヨーク。
25年ぶり・・・です。

各名所の外観は、うっすら記憶に残っているとおり。
エンターテイメントあふれる刺激的な街であることも、以前のとおり。

ただ、街の居心地のよさや、行動のしやすさは、大きく様変わりでした。

びっくり。そして、感心しました。

前回私がニューヨークを訪れたのは、前職の社内転勤で西海岸に住んでいた時のこと。

明るくフレンドリーでのんびりしたウエストコーストから週末の観光旅行で出かけた私にとって、ニューヨークは「危険な街」「怖い街」という印象。

1本路地が変わっただけで、緊張感高まって、なんだか、びくびくしたことを覚えています。

それから四半世紀。

「家族連れにも安心な街にする」というゴールを掲げた市長をトップに、行政、そして、街全体が地道な活動を続けたおかげで、今や、タイムズスクエアは世界でも一番安心な交差点の1つに改善されたと聞きました。

びっくり。そして、感激です。

地下鉄も、市民の足として、しっかりその機能を発揮。

「割れ窓理論」でニューヨークの地下鉄をきれいにして犯罪を激減させた、という特集を日本のテレビ番組で見たことがありましたが、本当のことでした。

トップが覚悟を決めて、目標を掲げて、本気で動けば、世の中変えられるんだなぁ。

地道な活動をきちんと続けていくことで、時間はかかっても、ゴールを達成できるんですねぇ。

「やればできる」って本当かなって、思っていました。

そうは言っても、無理なこともあるよねって。

でも、今回のことで、改めて、学びました。

やればできるんだ。

2015年。
しっかり、やろーっと。

写真はニュージャージ側から観た、マンハッタンの夜景。
美しい!

DSC_153820282292028640x36029-thumbnail2[1].jpg

2014年12月21日

季節感


DSC_1364 (2) (640x360).jpg


季節感。

四季の美しい日本で暮らせているって幸せ。

春になれば桜に胸が躍り、夏になると青い空とぎらぎらの太陽にわくわく。

秋には紅葉に感激し、冬は冬でピーンと張りつめた空気の冷たさが気持ちいいし、無彩色の景色にはっと息をのんだり。

自然が運んでくれる季節感は、こちらが何をしなくても、反射神経で堪能できる。

感謝。

一方、歳時がらみの季節感は、気持ちの余裕がないと味わえない。

最近はバレンタインデーだからってチョコレート作ったりしない。

段飾りのお雛様も久しく飾っていない。

七夕の短冊に願いを書くこともしてない。

ハロウィンはニュースを見てびっくりするくらい。

クリスマスだからと言って、何カ月も前からレストラン予約したり、プレゼントの希望をそれとなく探ろう・・なんてこともしてなかった。

いけない!

トレーニングの仕事をしていると、常に、頭の中は、半年先、時に、1年先のこと。

ここ1〜2か月は、来年4月の新入社員研修の依頼の確定や、講師のアサインに頭悩ませてました。

年内に確定させようと、来年度、2015年4月から2016年3月までの仕事のスケジューリングにやっきになってた。

あれ。今日は2014年の12月21日。

街中の混み方に、あー、クリスマス間近だぁと気づかさせれました。

今年は12月26日まで、びっしり、研修が入っていますが、そのあとは、むりやり捻出した2週間連続休み!

2014年をゆっくり振り返って、2015年の準備をしっかりしよう。
来年は、「その時期その時期にしか味わえないことをする」を、テーマの1つにしよう。

まずは年末からお正月のイベント。
大みそかには伊勢神宮にお礼に行く予定!楽しみ。

写真は、あわてて飾った、付け焼刃のクリスマスコーナー。







posted by Ayumi at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする